企業理念

私たちは、お客様とのコミュニケーションを通じて、お一人お一人と価値観を共有し、課題に実直に取り組み、常に最善のサービスを企画・提供する企業市民として、地域社会に貢献します。


社長挨拶

社長


 仏教の家に生まれ、中学から大学までの人格形成期をキリスト教主義教育に学び、社会人となってからは企業経験を経た後、妻の生家である神社の神主になりました。

 どの宗派にも、祖先を敬う訓があります。「祖霊信仰」「祖先崇拝」などと言いますが、社会学的には「先祖祭祀」と呼ばれるもので、わが国をはじめ東北アジアを中心に、広く世界中でみられる共通の宗教的・倫理的価値観です。

 自分の存在は、祖先が生きて来られたからこそだと、幼少期、両親に連れられて繰り返してきたお墓参りの中で気づかされました。親が居るから自分が居る。両親は、その両親が居るから存在する。自分から遡ること10代で、直系の先祖は2,046人。そのどなたか一人が欠けても、今日の自分は存在しないという普遍的事実です。感謝せずには居れなくなりました。

 近年、墓参すると、荒れた墓碑を多く見受けるようになりました。人口減少・少子高齢化が進む中、お墓参りができなくなり気にされているお年寄り方は、残念ながら増えていくことでしょう。跡継ぎが居らず、墓守が途絶えてしまうことを懸念されている方も居られると思います。転勤や海外赴任などの理由で墓から遠方の地で暮らさざるを得なくなり、お墓参りに行けない方は、盆や彼岸のたびに気になさっておられるかと存じます。荒れてしまった墓碑を見るたびに、さまざまな生活状況におかれた方々を想像します。ご先祖様方もまた、寂しくお思いのことでしょう。

 そのような方々のお役に立ちたいと思い、お墓参り代行サービス事業の会社を立ち上げました。「お客様が守り続けたいもの」は、「私たちが守り続けたいもの」です。「祈り」と「清掃」のプロである、私たち「株式会社 和魂」に託して下さい。あなた様に代わり、真心を込めて、ご先祖様に感謝の気持ちを伝えるお墓参りをさせて頂きます。

式会社 和魂 代表取締役社長

【略歴】1975年兵庫県生まれ。関西学院大学法学部中退。大学受験向け教材販売企業で営業、顧客サービス部門を勤めた後、情報通信サービスを生業とする上場企業で広報・IR、新事業開拓、人材開発、経理の職を歴任し、経営企画の要職を務める。同社退社後、神職資格を取得し、妻の生家である神社の神職に着任。当社を設立し、現在に至る。


社会的責任(CSR)の取り組み

当社は、社会的責任(CSR)の取り組みとして、法令遵守(コンプライアンス)はもちろんのこと、環境問題を重要な課題と捉え、業務の過程によって得られた使用済み切手を公益財団法人 緑の地球防衛基金様にお送りし、植林活動などの環境保全活動に寄与しています。